page_top

 

【牛乳の消費期限から考える食品ロス】

 

今現在、日本の年間食品ロス(食べられるのに廃棄される食品の量)は
約600万tと言われています。
 

これらは家庭からの廃棄だけでなく、
小売店等の販売前に消費期限の切れてしまった食品になります。
 

購入した食材を家庭で使い切る事はもちろんですが、
使い切れるのであれば消費期限の早いものを
選んで買う事でも食品ロスの削減に貢献することが出来ます。
 

例えば貴方がスーパーやコンビニで牛乳を買う時、
消費期限の早い手前に置いてある物ではなく
奥の消費期限の遅い物を選んで手に取っていませんか?
 

数日で使い切ってしまうのであれば、手前のものを選ぶことで
貴方も今日からSDGsの活動に取り組むことが出来ます。